歯科遠隔医療オフィシャルブログ

歯科遠隔医療を考えるオフィシャルブログです。

お金やだ

自分はこれまで銀行からお金を借りたことはないし、投資家から資金調達しようと考えたことはありません。

借りた金を返せる自信がないし、金がらみであれこれ言われたくない、自分がやりたいように、誰の指図も受けずに気楽に暮らしたいのです。

これまで何度もお金がらみでの揉め事があって、お金がからむと目の色が変わったり突然性格が変わる人がいて怖いのです。

自己資金が最強というか一番ストレスが少なくて生きやすい。金が足りなくなったら絵を描いて売ればいい。絵の値段を交渉するのもいやになって、好きな金額を自由に振り込んでもらう「価格自由」方式でやってます。

今日は一日外回り

HISのオフィスがたまたま大手町にあったので、二件目のアポを丸の内に設定しておいてよかった。

医学生とのミーティングが終わって、自宅に帰ってご飯を作って下地を塗って、

f:id:hatehatepain:20190821165639j:image

これから藤沢で別の医学生に会う。

先生のオフィスはどこにあるのかと聞かれましたがそんなものはありません。

大好きな孤独のグルメでいのがしらさんが、「男は身ひとつが身軽でいい」と言っていてそうだそうだと共感しているところです。

最近湘南新宿ラインによく乗ってるな。

 

危ないのは夏だけか

東京の田舎とか千葉に往診していると、ちょっとした公園の大きさや小学校の校庭を都心のものと比べてしまう。

いま子供を預けている保育園に園庭はないし、思い切り外を走り回ろうにも交通量が多くて危なかしい。

引っ越しもありかもなと思いながらも、そもそも日本の夏に外で遊ぶことはもう危険なのかもしれないとも思う。

あさっては室内の体操教室に見学に行ってきます。

変わったことするもんじゃない

たまたま朝から自宅でPCを開いて仕事をしてしまって、データだけUSBメモリに入れて持ってきてしまった。

重いpcを持たずに出社して、朝からひと仕事終えていて偉い!と意気揚々と車を待っている間に、「ああ今のうちに請求書作っとくか」といつになくやる気になってかばんを開けたらPCがないでやんの。まいったよ。

大きな荷物を小さく運びたい

いま乗っている東北新幹線は全席指定席で、椅子が全てグリーン車のよに広くて快適です。

f:id:hatehatepain:20190817090900j:image

でもいつものこのかさばるボードが邪魔です。ホイポイカプセルってまだできないんだろうか。

予約があるだけで行動変容

ついに歯医者の予約をして、再来週には患者として同級生がやっているクリニックで治療を受けます。

自分が患者になって初めてわかることがたくさんあります。いまは予約の日を待つ患者の気持ちがわかります。2週間後の予約までどうやって過ごそうか。ちょっとだけ普段の歯磨きに力が入ります。

だから、とりあえず予約をして、それに備えて生活しているだけで、口腔内の環境は良くなっていくんではないか?

もし予約の日に受診できなくても、キャンセルして予約を変更するだけでも何もしないより良いのではないか。キャンセルばかりで全然病院に現れない患者さんはこれまでたくさんいましたが、もしかして予約を取っただけでモチベーションは変化しているのかも。

ドタキャンは困りますけどね。