歯科遠隔医療オフィシャルブログ

歯科遠隔医療を考えるオフィシャルブログです。

大学を辞めると言ったら喜ばれた!?

昨日は息子がうまれてちょうど100日(ほんとかよ)ということで、妻の両親(精神科クリニックを経営)と食事をしてきました。

f:id:hatehatepain:20171104091906j:image

いつも息子の話を7割、仕事の話3割って感じですが、

私が来年大学を辞めると話したら"待ってました!"って感じで、お父さんが長年温めていた歯科医院の経営構想を惜しげもなくご教示いただきました。

20年依存性専門クリニックを経営しているからこそわかるその土地の歴史、人口の変動、また戦い方などを教えていただきました。

医科と歯科は状況がちがうがやり方次第である、勝ち方があると。

医者は足りないが歯医者は余っている、そこがいいと。

 

以前から「あいつはいったいいつまで大学にいるつもりなんだ」と言われていて(直接は言われない)、今思えば"早くやめて開業しろ!"ってことだったのかなと、

 

といっても、大学ではそれなりにうまくやっていたつもりで、臨床的には副医局長、病棟医長を数年、専門外来立ち上げ、各種チームでの活動(呼吸ケア、小児虐待、感染対策、緩和ケア)、研究ではデンマークに留学、1年間で7本の論文がアクセプト(全部筆頭著者)、研究費獲得、診療ガイドライン作成委員など、

その他11年間医局におりましたので、後輩や学生教育、講演などは数えきれません。

そんな感じで、いわゆるちゃんとした大学人であったと思います。

だからこそ、直接「はやくやめろ」とは言えなかったのかもしれません。

 

私が開院するかどうかは未定ですが、まずはお父さんが言っていたその地域を歩き回ってみようと思います。

 

まずはUNI aromaです!