歯科遠隔医療オフィシャルブログ

歯科遠隔医療を考えるオフィシャルブログです。

モチベーションは環境と人。

なかなか前向きな臨床研究がやりにくい大学で、さらにわれわれの実験は痛すぎる(わざわざ発痛物質を注射する、もちろん人に)ので、女子医大に限らず日本ではできない内容の研究ではありますが、

それを言い訳に一年くらい研究をサボっていました。私はサイテーです。

 

さて、

そんな時にはやっぱり、環境を変えることと刺激的な人に会うのが一番。

先日、加藤先生の"種イモの会"でお会いした"日本の臨床研究"といったらこの人、原正彦先生!

写真も無断で載っけちゃう!

f:id:hatehatepain:20171005212810p:image

[プロフィール]
2005年 島根大学医学部を卒業後、循環器内科専門医を取得し2011年度大阪大学で学位取得。2015年から未来医療開発部勤務。American Heart Associationで世界初、3度若手研究員奨励賞を受賞する等国内外の賞を総なめにし、常に世界の最先端のフィールドで勝負に勝ち続けている。この知識と経験を生かして2015年度よりビジネスの世界にも参入。現在IoT機器、iPhoneアプリ等5つの全く異なる医療機器開発を手掛け10個以上のプロジェクトを動かすマルチタスク派の医師複合起業家。日本でも国際マーケットを意識した遠隔自由診療/どこでも往診システムを提供するCloud Clinicを立ち上げる等、World niche×World trend×Strength of Japanのアイデアで世界のマーケットで勝負します。

 

原先生のことは、以前から凄すぎると一方的にファンでしたが、先日やっとお会いできました!

私のこと(歯科の遠隔診療やデンマークで痛みの研究をしていたことなど)を知ってるって!長縄先生にお会いできるとは!なんつって!

ほんとかよ!とコケそうになりましたが本当に光栄^ ^

ありがとうございます!

 

で、原先生とお話して、やっぱり甘えていてはダメだと気が引き締まりました。

臨床研究に対する想いがメラメラしています。

 

それと同時期に、デンマークに留学していた後輩が帰ってきて、やっと医局に"話ができる人"ができた喜びと、一年間サボっていた焦りを感じて、とりあえずブログに書いて今の気持ちを記録しておきます。

ちなみにわたしはいま酔っ払っています。

今日もおつかれした!