歯科遠隔医療オフィシャルブログ

歯科遠隔医療を考えるオフィシャルブログです。

労働の対価としてお金を受け取る時代じゃない!医療はどうなる?

わたしが行なっている『スマホで遠隔歯科相談』ですが、日本遠隔医療学会•歯科遠隔医療分科会の活動のひとつとして、

公式相談窓口であることや、データを取る目的があるってことで、今のところ(おそらく今後も)無料で行なっています。

 f:id:hatehatepain:20170808105101j:image

実は、無料にする理由は他にもあって、これはホリエモンやキングコングの西野さんがよく言っていることに完璧に共感しているからなんですが、

どういうことかというと、

労働の対価としてお金を受け取ることはせずに、お金の代わりに信頼を得るってこと。

f:id:hatehatepain:20170808123111j:image

お金の代わりに蓄えた信頼は、後々お金が必要になったときに、クラウドファンディングやオンラインサロンなんかの、"信頼をお金に変える装置"を使って、必要なときに必要なだけ換金する。

 f:id:hatehatepain:20170808155303j:image

とはいっても、

この考え方を医療に応用させるのはなかなか難しい。

 

というのも、

医療の世界では労働の対価としてお金を得ることが当たり前で、例えば医療行為に見合った保険点数があったり、

手術しても無料でいいですよとか、歯科でいったら歯の詰め物が無料とか、

さすがにそんなことはできないのです。

 

さてさて、遠隔診療の出番ですが、

遠隔診療は、お金儲けではなくて、信頼を蓄える装置として利用することができます。

蓄えた信頼はいずれ、自由診療になったり、口コミから初診患者数が増えたり。

開業している先生だったら、信頼が直接売上につながります。

 

 

お金の代わりに信頼や信用を得る、
貯金の代わりに貯信をするという考え方は、そのうち医療にも当たり前に広まります。

時代に置いてかれないように、

まずは遠隔診療で得た信頼を後々報酬として還元されるような仕組みや導線作りが必要ですね。