歯科遠隔医療オフィシャルブログ

歯科遠隔医療を考えるオフィシャルブログです。

病院の雰囲気や環境に慣れてしまえば、通院は思ったほど億劫ではない!?

現在、妻と赤ちゃんが産婦人科クリニックに入院しています。

毎日病院と自宅を行ったり来たりしていますが、4日目にしてやっと病院の雰囲気や看護師さん達に慣れてきました(人見知りなので4日もかかった)。

 

知らない病院で知らない先生で、赤ちゃんがたくさんいる神聖な雰囲気には、自分が患者でないにしてもお腹が痛くなるくらいの緊張感がありましたが、慣れてしまえばどうってことないです。

 

さて、

もちろん遠隔診療の話になりますが、

遠隔診療をきっかけに医療機関への受診ハードルを下げ、対面診療に移行させるという使い方はかなり良いです。

 

病院を受診する前に、遠隔診療システムを使って先生と話したり、治療内容を相談したり。

実際に顔を見ながらお話して先生に慣れておけば、受診時の不安を少しでも解消させておくことができます。

 

私は普段病院で働いていて、自分の体調が悪い時は知り合いの医者をつかまえて診察してもらったり、経験のない検査でもなんだかんだ同じ職場(病院)ですから、変な緊張感はありません。

 

この度は患者家族として、よい経験をさせていただきました。

f:id:hatehatepain:20170731173934j:image

 

そもそもが恐ろしい歯科治療においては、こういった"慣れ"をいかにしてつくるかが大事です。

 

歯科治療に対する恐怖や不安のある患者さんには、受診前の遠隔歯科相談が有効です

f:id:hatehatepain:20170731174447j:image

どんどんやりましょう^ ^