歯科遠隔医療オフィシャルブログ

歯科遠隔医療を考えるオフィシャルブログです。

自宅で遠隔診療始めました!

新しい外来のためにノートパソコンを新調!

f:id:hatehatepain:20170706112736j:image

 f:id:hatehatepain:20170706112742j:image

 

遠隔診療をするための推奨スペック。
OS:Google Chomeの最新版が動作するWindows/Mac/Linux搭載のパソコン
ディスプレイ:解像度1920×1080以上
ブラウザ:Google Chome最新版(IE・FireFox等はサポート対象外)

 

だそうです。

 

これで遠隔診療をするために、遠隔地の横浜に行っていた矛盾が解決できました。

スキマ時間を利用して、予約の枠も増やせそうです^ ^

 

プロフィール
長縄拓哉(ながなわたくや)

初期研修医時代から東京女子医科大学病院、歯科口腔外科学講座で口腔腫瘍、顎顔面外傷、口腔感染症治療に従事しそれぞれ認定医資格を取得。デンマーク・オーフス大学に留学し口腔顔面領域の難治性疼痛について研究。口腔顔面領域の感覚検査器を開発し、国際歯科研究学会議(IADR2015, ボストン)ニューロサイエンスアワードを受賞。2015年に東京女子医科大学病院に口腔顔面痛み外来を開設。統括医師として難治性疼痛患者の治療を行っている。文部科学省科研費を獲得。Neurotalk2017(スペイン)シンポジスト。医学博士。株式会社メドレー仲介型販売取次店。日本口腔顔面痛学会評議員。日本口腔内科学会代議員。日本遠隔医療学会•歯科遠隔医療分科会会長。