歯科遠隔医療オフィシャルブログ

歯科遠隔医療を考えるオフィシャルブログです。

大事な会議でもスマホをイジる勇気をもて!

「いっつもスマホいじってる!」と、うちにいる依存症治療専門の精神科医に怒られていますが、別にずっとツムツムしているわけではなくて、

何かしらの原稿を書いていたり、アイデアをメモしていたり、SNSでホリエモンの動向をチェックしたりと、必要なときに必要なことをしているだけ。

 

アイデアをメモしておくのは結構大切です、

忘れちゃうので。

アイデアを思いついたことすら忘れてしまうので、その場で必ずメモします。夢の中で思いついたことも、起きて覚えていたらメモします。

 

もちろん会議中もメモします。

結果的にスマホを常にいじっていることになりますが、やはりそれもこの人か肯定してくれました。

f:id:hatehatepain:20170703140257j:image

ただ、これからここで会議なのですがどうしましょ。

f:id:hatehatepain:20170704105322j:image

f:id:hatehatepain:20170704105324j:image

都庁だけど、

 f:id:hatehatepain:20170704080031j:image

f:id:hatehatepain:20170704080036j:image

はいよ!

 

プロフィール
長縄拓哉(ながなわたくや)

初期研修医時代から東京女子医科大学病院、歯科口腔外科学講座で口腔腫瘍、顎顔面外傷、口腔感染症治療に従事しそれぞれ認定医資格を取得。デンマーク・オーフス大学に留学し口腔顔面領域の難治性疼痛について研究。口腔顔面領域の感覚検査器を開発し、国際歯科研究学会議(IADR2015, ボストン)ニューロサイエンスアワードを受賞。2015年に東京女子医科大学病院に口腔顔面痛み外来を開設。統括医師として難治性疼痛患者の治療を行っている。文部科学省科研費を獲得。Neurotalk2017(スペイン)シンポジスト。医学博士。株式会社メドレー仲介型販売取次店。日本口腔顔面痛学会評議員。日本口腔内科学会代議員。