歯科遠隔医療オフィシャルブログ

歯科遠隔医療を考えるオフィシャルブログです。

女子医大病院ってなんだ!?

f:id:hatehatepain:20170523181438j:image

http://www.twmu.ac.jp/univ/

東京女子医科大学という名前は海外では誤解されることが多くて、Tokyo women's medical universityなら、ああ女子校なのかなとギリギリ思ってくれますが、これがTokyo women's medical university hospital(東京女子医科大学病院)となると、なんだこの病院は、婦人科疾患だけ診るのかな?とか、なぜお前が働いているのだと不思議がられます。お前は男じゃないのかと。患者が女子なのか、医者が女子なのかと。もうごちゃごちゃ。学生が女子なのだよ。

ということで今日のプレゼンもまず大学の紹介からですが、そこをクリアにしておかないと、いったいお前はなんだ、男なのか女なのかと、遠隔医療どころではなくなってしまいますので。

さてもうすぐ本番です。
まだだけど。

 

プロフィール
長縄拓哉(ながなわたくや)

初期研修医時代から東京女子医科大学病院、歯科口腔外科学講座で口腔腫瘍、顎顔面外傷、口腔感染症治療に従事しそれぞれ認定医資格を取得。デンマーク・オーフス大学に留学し口腔顔面領域の難治性疼痛について研究。口腔顔面領域の感覚検査器を開発し、国際歯科研究学会議(IADR2015, ボストン)ニューロサイエンスアワードを受賞。2015年に東京女子医科大学病院に口腔顔面痛み外来を開設。統括医師として難治性疼痛患者の治療を行っている。文部科学省科研費を獲得。Neurotalk2017(スペイン)シンポジスト。医学博士。株式会社メドレー仲介型販売取次店。日本口腔顔面痛学会評議員。日本口腔内科学会代議員。