歯科遠隔医療オフィシャルブログ

歯科遠隔医療を考えるオフィシャルブログです。

アイデア!!

ニッチを掛け合わせて小さな一番に!!

歯科医師といっても専門は口腔顔面痛(Orofacial pain, OFP)というマイナーな業界で、 口腔用感覚検査器の開発や動機付け面接(Motivational interviewing, MI)を用いた精神心理的アプローチ、 さらに口腔顔面痛×遠隔診療、 『スマホで遠隔歯科相談』など…

普通の歯医者じゃ生きていけない!?

実は私は3歳から剣道をやっていて、デンマークに留学中も現地人(デンマーク人や移民達)を対象に剣道を教えていました。 彼はイラン人です^ ^ 先ほど突然、高校剣道部の先輩から電話がかかってきて、いま飲んでるから顧問の先生にかわると。びっくり。 今日…

自分はアホだと再確認!?みんなスーパーマンだった!!

昨日は、加藤先生のオンラインサロン『ヘルスケアビジネス研究会』の勉強会と懇親会でした。 DMMのオフィスかっこよかった^ ^ メンバーは医師の方がほとんどでしたが、皆さん気さくで優しいだけじゃなくて、 未来の医療を良くしたいという熱い想いが突き抜け…

怠け者の遠隔医療?思考停止してもカラダは動く!

遠隔医療だ、ヘルスケアテクノロジーだと言ったところで、 そもそもアナログな人間で、怠け者の私は、遠隔医療もテクノロジーも、これからの医療には絶対に必要だとわかっているのに、 なかなか1人で勉強するとか、アイデアを実行するのは大変で、すでにサボ…

幼なじみがスゴイ奴!!ナノサイエンスと歯科遠隔医療の融合!?

先日の歯科遠隔医療分科会のミーティングで話題になったのは、遠隔では触診ができないとか、モニタリングデバイスが大きすぎるとか、 また、歯科に特化すれば、 口腔内の唾液や咀嚼、咬合力などを持続的にモニタリングする小さい装置があったらいいなとか。 …

歯科遠隔医療分科会の活動と目的!!

昨日は横浜の実家から新宿の自宅に帰って、三鷹と成城の療養施設を往診して、 その後大阪に移動して、歯科遠隔医療分科会のビジネスミーティング。 東京に帰って来たのは23:30頃でした。日本は狭いですね。 まあまあの距離を移動したけど、距離に比例してア…

遠隔医療のミーティングを対面で!大阪に向かいます!

日本遠隔医療学会に歯科遠隔医療分科会の設立申請をしてすぐに、"遠隔医療をとことん考える会"の勉強会があって、 そこでお会いした学会理事の先生方から「どんどん積極的に活動してください!」と、 「学会のホームページに歯科分科会の案内が掲載されるの…

野球を観に行くのもコンサートに行くのも挑戦なのです!!

最近は、積極的に外に出て、新しいことにチャレンジしたり、知らない人にもたくさん会おうと決めている。 以前から、休みの日は家でテレビをみながらスマホをいじり続けて、脳みそも腐らせ続けていたが、これじゃまずいと思い立って、 アイデアは移動距離に…

労働の対価としてお金を受け取る時代じゃない!医療はどうなる?

わたしが行なっている『スマホで遠隔歯科相談』ですが、日本遠隔医療学会•歯科遠隔医療分科会の活動のひとつとして、 公式相談窓口であることや、データを取る目的があるってことで、今のところ(おそらく今後も)無料で行なっています。 実は、無料にする理…

島に行かなきゃわからない!!

デンマーク•オーフス大学 私たちが朝から晩まで実験して論文を書いていたキャンパス Aarhus University 先日の学会で、デンマークから帰ってきたばかりのスーパードクター(長崎出身の女医、日本遠隔医療学会•歯科遠隔医療分科会メンバー)と、 長崎市と長崎…

歯科遠隔診療に一番向いている疾患はなにか!?

歯科遠隔診療は、いったいどんな患者さんに向いているのだろうかと考えていて、 例えば親知らずを抜いた後にちゃんと麻酔が切れたか、 入れ歯の調子はどうか、 削った後に痛みはないか、 顎関節症のセルフケアはうまくできているか、 子供のブラッシングをお…

なんでもかんでも遠隔にするのは危険だ!!

最近なにかと誤解されやすい遠隔診療ですので、一度初心にかえります。 私が"歯科遠隔医療オフィシャルブログ"として発信している内容は、 "慢性疼痛のより良いマネジメントのための遠隔医療"や "難病患者さんの不安や悩みを軽減させるための歯科遠隔医療"で…

なんにも出来ないことがアドバンテージ!?

小児歯科や障害者歯科で実力を発揮する遠隔医療だが、 そもそも歯医者が苦手な子どもたち(子どもに限らず)は、歯医者の何が苦手なのか? 音も嫌い。 匂いも嫌い。 雰囲気も嫌い。 先生も怖いから嫌い。 もう全部怖いから嫌い。 それこそ何が苦手とかじゃな…

こんな身近に『多動力』を発揮している人がいた!!

さて、遠隔診療ミーティングは無事に終了。院長先生たちの分刻みスケジュールに驚いた。みんな早口。 メドレーの新しい担当者は若い医師だか、システムにも医療にも精通していて話しやすい。信頼できる、落ち着いた優しい笑顔の紳士でした。 予約料について…

アイデアは移動距離に比例する。不自由を実感しないと遠隔医療は理解出来ない。

久しぶりに朝から満員電車に乗っている。なかなかしんどい。暑いし。 私は手ぶらなのでまだましだが、重たいカバンを持って、背広を着た忙しいサラリーマンが、毎日行きも帰りも満員電車でヘトヘトになって、"病院なんかに行ってる暇はないから遠隔医療に期…

治療した翌日は遠隔診療しろ!

すごい当たり前で基本的なことだが、歯科医院で歯の治療を終えた後、次回の予約まで例えば2週間あったとして、2週間後の再診を待つ間に患者さんはどんなことを考えるだろうか。 歯磨きは普通にしていいのか?食事は?痛くなったらどうしようとか。仮の詰め物…

長縄拓哉がつくる歯科遠隔医療のNPO?

昨日の記事ですが、 遠隔診療で診断が出来なかったり、気になることが遠隔診療で解決できないんだったら、もう早々にあきらめて会いに行っちゃおうか!なんて言ってまして、 もちろん全部無料でやるって言ってるんで、私が破産するんじゃないかと心配してく…

口腔外科専門医の試験中に新しいアイデアを思いついた!

先ほど口腔外科専門医試験が終わりました。 これでひとまず落ち着いて、日常診療や研究、遠隔診療体制の整備などに時間が使えます。 まずは、システマティックレビューのProspero登録から! さらに来週は株式会社モリタさんとのミーティング、メドレーと大石…

誰の為の遠隔医療なんだか!!

自宅で遠隔診療ができるようになって、いつでもどこでも診療できる!といい気になっていたが、パソコンの設定がうまくいかず、結局横浜の大石クリニックで診察している。 パソコンと私だけという部屋で、知らない人が見たらネットサーフィンしながら独り言を…

働く女性を応援する遠隔医療!!

お茶でも買おうかなと、ぼーっと医局の自販機を見ていたら。 これ。 こんなアナウンスが、 今まで全く気がつかなかった。(遠隔医療と結びつかなかった!) このグループが応援している内容とは異なるんだろうが、遠隔医療は女性の社会復帰や、働く女性医師…

体調が悪くて病院に行けない患者さんのための遠隔歯科相談窓口!

慢性疼痛があって、なかなか病院に通えない患者さんに、何かできることはないかと考えて始めた遠隔診療ですが、 痛みに限らず、体調が悪くて病院に行けない患者さんはたくさんいるんだから、その人たちのための窓口を作らなきゃいけない。 そう思って作りま…

台風が来たけど遠隔診療だから関係なし!避難所で健康相談もできる!?

先日講演をさせていただいた福井県にも台風が上陸しているか?皆さま無事でしょうか。心配です。 https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/typhoon/ 台風が来るとどういうわけか、気圧が原因なんだかよくわかりませんが、 体調が悪化する、痛みなどの症状が増悪…

本当に遠隔医療を必要としている患者のために進化する!!

私が行う遠隔診療は、"本当に遠隔医療を必要としている患者さん"のためにあるんだから、なにも"痛み"の診療に特化する必要はないんじゃないかと思い始めて、名前も内容も変えてみた。 もとはこちら、 それが、こうなります。 おそらく今日中には。 スマホで…

遠隔医療は誰のためのものか。医者のためじゃない?プールサイドで診察しなさいよ。

私はデンマークで生活していたし、ヨーロッパをしょっちゅう転々としていたので、そんなとき、自分の(日本の)患者達はどうしてるかなとよく考えていた。 もちろん遠隔医療は、 家から出られない、病院になかなか通えない患者のために発展しなければならな…

本当の意味で遠隔医療を必要としている!?とことん考える!!

遠隔診療を行う上で、考えておかなければならないことがあります。 それは、 "遠隔診療でもいい患者さん"と"遠隔診療じゃなきゃダメな患者さん"がいるということ。 つまり、 仕事が忙しくてなかなか病院に通えないから、オフィスで(遠隔で)医師の診察を受…

ディスペンパックとコラボするのも"慢性疼痛を予防する"ため!?

昨日はディスペンパックジャパンの寺崎さんとミーティング。 世界に誇れるこんなに便利な"ものづくり技術"や"アイデア"を持った会社の方は、どれほど理系でクセが強いのだろうとドキドキしていたが、現れたのは背が高くてマッチョな優しい笑顔の紳士でした。…

『ディスペンパックジャパン』の行動力とかっこよさ!!

さて、 本日はディスペンパックジャパンの寺崎さんとミーティングです。 ディスペンパックはこれです。 http://www.dpj.co.jp/ 以前こちらでお伝えしたのは、 teledental.hatenablog.com 表面麻酔薬をディスポーザブル(使い捨て)にしたいから、 このディス…

こどもの遠隔診療を拒否する親はあぶない!?虐待してる?

職場(大学病院)で、子供サポートチーム(CAPS: child abuse prevention team)、 簡単に言うと虐待されている子供を見逃さないようにとか、またそんな子供や親のサポートをする目的で、 小児科の先生やソーシャルワーカーさんとチームを組んで活動している…

口腔顔面痛は予防する時代へ!遠隔医療も予防に使う!?

『口腔顔面痛(OFP)を予防する!』と聞いて、どういうこと?と思った方はもしかすると、 予防=ピロリとか、予防=ワクチンという思考回路なんじゃないだろうか。 ホリエモンの影響だろうか。 https://www.p-project.jp/about_us 確かにそう考えるとOFPは予…

遠隔診療ミーティングで改めて気が引き締まった!遠隔口腔顔面痛外来!!

きのうは大石クリニックの院長先生と、遠隔診療外来についてのミーティングでした。 http://www.ohishi-clinic.or.jp/ 本当に遠隔医療を必要としている患者さんのために、私たちができることは何か、 改めて本気で考えました。 いくつかアイデアを思いついた…