歯科遠隔医療オフィシャルブログ

歯科遠隔医療を考えるオフィシャルブログです。

最近あんまり仕事してない。

最近は(特に今日は)めっきり専業主夫化しています。

朝は7:00に起きて子供の朝ごはんを作って食べさせて、保育園の準備をして着替えさせて、検温して連絡帳を書いて保育園に連れて行く。

 

その後妻を仕事に送り出して、

掃除機かけて洗濯して風呂掃除。今日はその間に散髪!(主夫業関係なし)。

 

午後は夕飯の買い出しから夕飯準備、仕事帰りの妻を迎えて保育園へお迎え。

 

子供の夕飯を食べさせて妻の夕飯準備。

洗い物をやって子供を風呂に入れてミルクを飲ませてあとは寝てもらうだけ。だが、

まだまだ元気な様子で寝る気配がありません。

f:id:hatehatepain:20180607193356j:image

息子よ、そろそろ寝よう。

上野から市ヶ谷はけっこう遠い

こりゃまた、永遠に続く上野公園の側道を歩いて自宅に向かっています、いまam1:00。

f:id:hatehatepain:20180607010717j:image

タクシーで帰る金もない私は、ひたすら歩くしかないのですが、幸いにもスマホの充電はありますので、1日遅れのブログを更新できるという、考え方次第ではありがたい状況。

 

 

今日はクリニックの院長先生と飲んでいましたが、そういえばクリニックのブログも書いて欲しいと言ってたな。

さらに昨日お会いしたMRTの方にも、MRTが運営する医科歯科関連のコラム連載のお誘いもいただきまして大変嬉しく思っております。

何を書いたらいいんだろ。

それはまあいいとして、

ぜんぜん家につかない笑。

まいった笑。

 

 

 

 

歯科の遠隔医療はなんだかんだ盛り上がってる

デンマークとの遠隔医療推進プロジェクトであるDJ-TeleTechですが、本格始動の前のオープンセミナーのような形で、昨日Let's Discusses Telemedicine!!が開催されました。

f:id:hatehatepain:20180605201248j:image

 

関係省庁や企業の方々にたくさんご出席いただき、そんな中で歯科の遠隔医療についてご紹介できてよかったです。国際コラボもスピードアップしそうです^ ^

 

昨日伺った話ですが、診療報酬改定時に「歯科はどうする?」みたいな話があったそうです。今回は歯科にオンライン診療料はつきませんでしたが、2年後には何かしらできるかも!という期待がもてる雰囲気でした(エビデンスをつくるのはこちらですけど)。

 

 

さて、昨日のミーティングでは大使館の方ともゆっくりお話できて、今月末の「JCON集会 at 大使館」も盛り上がりそうです。

大使館としては、デンマークに留学経験のある研究者の同窓会みたいな会を開催したいとか、積極的に日本とデンマークの共同研究を支援したいとか、

JCONのコンセプトと重なるところがいくつもあるので、引き続きお互いに協力していきたいと思います^ ^

 

さらに、たまたまデンマークのボスから連絡があって、「お前相変わらずいろいろやってんな、協力するから何が必要か言ってくれ」的な感動メールをもらいました。

力は貸して欲しいけど、「いまこれをやってくれ」とか「こんなサポートをしてくれ」とかは思いつかないという、

まあいてくれるだけでいいパターンかも。

 

そんな感じで、歯科の遠隔医療も盛り上がりつつあります。

他にもお声掛けいただいているプロジェクトがいくつかありますので、気を引き締めて頑張ります!^ ^

歯科の遠隔診療に興味深々。レッツディスカステレメディシン!

これ、

f:id:hatehatepain:20180604205235j:image

当たり前にデンマーク大使館でやるのかと思いきや会場が東大という。時間ぴったしにデンマーク大使館についた私は完全に遅刻して参加しました。

こんな感じ。

f:id:hatehatepain:20180604205354j:image

歯科の遠隔診療について話しましたが、さすが遠隔医療の国際コラボのために集まったメンバーだけあって興味深々という感じでした^ ^

タイのシンポジウムとは大違いでした。

 

ただ、それでも歯科遠隔診療の話を聞いたのはみんな初めてで、目からウロコだと言っていました。

疲れたのでネットワーキングの途中ですが帰ります。

東大の正門って白いんだな。

f:id:hatehatepain:20180604205926j:image

 

デンマークのボスからメール

デンマークのボスからメールが来ました。日本にいたのに会えなくて残念だったと。引き続きコラボしようねと。すまん!ありがとう!!

f:id:hatehatepain:20180603101340j:image

(真ん中に座ってるメガネの男性です)

 

彼は世界中を飛び回るめちゃくちゃ忙しい教授ですが、私のことをめちゃくちゃ忙しい奴だと思っているらい。わたしは暇人ですよ。

ただこれは、「発信している奴が思われがちあるある」ですね。

 

フェイスブックやインスタに投稿しまくっている人を見ると、

また海外いってる!?とか

またうまいもん食べてる!?とか、

また勉強会参加してる!?とか、

めちゃくちゃ忙しくて充実しているように思われがちですが、実際は普通に仕事して飯食ってるだけという。

 

私も毎日ブログを更新しているので、それだけで忙し奴と勘違いされがちです。

大使館でのミーティングや遠隔医療関連でデンマークとコラボしているとか、めちゃくちゃ忙しそう!と、

 

いやいやミーティングなんてたまにしかないですからね、基本的に暇ですよ。飲みに誘ってください。

 

さてそんな感じですが、

とりあえず今後もオーフスのボスとのコラボは続きます。JCONのスーパーバイザーも頼みました。

スーパープロフェッサーの協力は心強いです。いつもありがとう!!^ ^

家事育児業界で男は「自分ができると勘違いしているイタイ研修医」にすぎない

昨夜のメモについて考えてみます。

f:id:hatehatepain:20180602073722j:image

まずは、「家事はマネジメント」について。

家事はマネジメントというか、「トータルマネジメントをしているのはいつも女性だよね」って話ですね。

 

夫婦の問題、喧嘩の原因は家事や育児であることが多いですが、これはお互の考え方、重要事項にギャップがあるからで、医療の現場とほとんど同じ。

 

男がやる、やっていると勘違いしている家事や育児の多くは、

食器を洗う、子どもを風呂にいれる、ミルクを飲ませる、保育園のお迎え、掃除、ゴミ出し。まあこんなもんですかね。

これらは家事でも育児でもなくてただの作業で、というか家事と育児をちょっと楽にするための作業です。

研修医がやる採血や点滴の針を入れにいく、血が出たら止めるとか簡単な処方をやっておくとか。

その程度で家事をやっていると勘違いしがちな男(研修医)と女(指導医)の間にはギャップがあって当たり前です。

 

奥さんがやっている家事や育児はトータルマネジメントで、夕飯の献立を考えて冷蔵庫の中身を把握して買い物、家計も考慮、足りないトイレットペーパーやオムツの補充、役所からの書類に対応、保育園で必要なもの準備、連絡帳を書いたりオムツに名前を書いたり。子どもの健康診断や予防接種、子ども服の買い替えなど、他にもたくさん。

 

男はその場で完結する作業をしているにすぎない。採血しといてと言われてハイハイとやって医療をしている気になっている(ゴミ出ししといてと言われて仕方なくゴミ出しする)。

採血しただけで仕事してる気になっている笑。

 

という話を昨日後輩とのみながらしました。

で、内容を思い出せるようにメモをしておこうと思ったけど、こんなメモでほんとに思い出せるのか?というメモが「メモ機能をはたしているのか」というメモですね。

f:id:hatehatepain:20180602073722j:image

大学の外来も徐々に減らします。

週に一回くらい細々と続けている痛み外来ですが、少しずつ患者さんが卒業という名の寛解傾向にあって、それに伴い外来も縮小傾向にあります。

大変喜ばしいことですが、そもそも最近大学との関係が良くない気がしていて、退職するとコミュニケーションが減るので、みんなよそよそしい。

さらに大学から呼び出されて怒られることが何度もあってうんざりしている。というところで、

すでに退職していますし、患者さんも良くなっていてもともと思い残すことはありませんので、このままフェードアウトを狙います。

 

医局の皆さんのご活躍を期待してます。

ありがとうございました!