歯科遠隔医療オフィシャルブログ

歯科遠隔医療を考えるオフィシャルブログです。

怠け者の遠隔医療?思考停止してもカラダは動く!

遠隔医療だ、ヘルスケアテクノロジーだと言ったところで、

そもそもアナログな人間で、怠け者の私は、遠隔医療もテクノロジーも、これからの医療には絶対に必要だとわかっているのに、

なかなか1人で勉強するとか、アイデアを実行するのは大変で、すでにサボりがちです。

 

LINEでもメールでも、SNSでも情報共有や会議ができますが、直接会ってみんなで仕事をしている感覚や熱さみたいな、体温を感じないとやる気が出なくて

好きでやっていることなのに辛くなってくる。自分が頑張っていると意識するだけで生産性が落ちる。

 

大学での病棟業務も、カンファレンスも、実際に人が集まって、お互いに相手の体温や気合いみたいなものを感じることができるから、毎日必死に仕事を頑張っていると自覚せずに同じことを続けられる。

 

だから、根拠はないけど、医療現場で行われていることが全部遠隔になったり、テクノロジーが駆使されて、医局のカンファレンスも看護師とのやりとりも、実際に会って話すという基本的なコミュニケーションがなくなったら、信じられない事故が起きるんじゃないだろうか。

 

現在進行中のシステマティックレビューが2件あるが、一件は私の個人的な、趣味のような仕事で、遠隔診療が口腔顔面痛治療にどんな影響を及ぼすか、どんないいことがあるかを調べるもの。もう1つは学会から依頼されて、10人くらいで進めている口腔顔面痛に対する運動療法に関するレビュー。

f:id:hatehatepain:20170817085902j:image

 

1件目は北里大学の先生と2人で進めているが、月に2回は会って作業をするし、次回までの宿題も明確にしているので、作業はどんどん進む。

f:id:hatehatepain:20170817085921j:image

 

一方で、いまいちなにをやらされているのかわからない、2件目のレビューについては、なかなかモチベーションが上がらず苦労している。

作業をしている10人は、全く顔も知らないというわけではないけれど、このレビューについては、たまたま居合わせた数人で議論したくらいで、10人全員が集まったことはない。

だから、集まったときの雰囲気やギラギラしたリーダーのやる気なんかも誰にも伝わっていない。

 

結局なにがいいたいかと言うと、いくらテクノロジーが進んで便利になっても、実際に人と会ったときの、相手から貰えるエネルギーがないとわたしは怠けてしまうということです。

 

 

自宅で1人で行なっている遠隔歯科相談は、対面していないにもかかわらず、どういう訳か、患者さんから熱が伝わってくるし、私も楽しいので続けられますが、

ウェブカンファレンスやスカイプミーティングは苦手なのです。

 

遠隔でできることと、できないことの境界は、私のモチベーションに大きく左右されて、

必要なことだから続けられるというわけでもなく、継続できるモチベーションがあるかどうか。

とりあえずはじめてみるってのは最高だけど、飽きたとき怖いので、始める前に自分の性格を振り返るのもたまにはいいのかなとも思います。

 

いままさにやろうとしている長崎の島医療とのコラボレーションも、ナノサイエンスとの融合も、やろうとしていることは遠隔医療でも、プロジェクトは遠隔では進まないのです。

f:id:hatehatepain:20170817090056j:image

考えていても仕方ないので、近々関西方面にまた遊びにいきます^ ^

 

プロフィール
長縄拓哉(ながなわたくや)

初期研修医時代から東京女子医科大学病院、歯科口腔外科学講座で口腔腫瘍、顎顔面外傷、口腔感染症治療に従事しそれぞれ認定医資格を取得。デンマーク・オーフス大学に留学し口腔顔面領域の難治性疼痛について研究。口腔顔面領域の感覚検査器を開発し、国際歯科研究学会議(IADR2015, ボストン)ニューロサイエンスアワードを受賞。2015年に東京女子医科大学病院に口腔顔面痛み外来を開設。統括医師として難治性疼痛患者の治療を行っている。文部科学省科研費を獲得。Neurotalk2017(スペイン)シンポジスト。医学博士。株式会社メドレー仲介型販売取次店。日本口腔顔面痛学会評議員。日本口腔内科学会代議員。日本遠隔医療学会•歯科遠隔医療分科会会長。

ブログ記事が100を超えた!!

毎日更新することが日課になっていて、なんのストレスもなく続けているこのブログですが、

今日アップしたもので、ちょうど100記事になりました。

f:id:hatehatepain:20170816165044j:image

少しずつ増える読者数やPV数以上に、周囲の反応が前向きに変化して、数ヶ月前と比べてお友達が増えました^ ^

 

発信し続けているだけで、声をかけていただく機会が増えるし、

もちろん仕事も増えますが、その分楽しみも増えています。

 

まだまだ始まったばかりの歯科遠隔医療ですが、天才集団の分科会メンバーと一緒に、コツコツ地道に真っ直ぐ進んでいきます。

いつも応援してくださりありがとうございます!^ ^

 

幼なじみがスゴイ奴!!ナノサイエンスと歯科遠隔医療の融合!?

先日の歯科遠隔医療分科会のミーティングで話題になったのは、遠隔では触診ができないとか、モニタリングデバイスが大きすぎるとか、

 

また、歯科に特化すれば、

口腔内の唾液や咀嚼、咬合力などを持続的にモニタリングする小さい装置があったらいいなとか。

 

そのとき頭に浮かんだのが、

九州大学でナノサイエンスをやっている幼稚園時代からの幼なじみ

 

大阪から東京に帰る新幹線の中で連絡をしてみたら、たまたまお盆で千葉に帰省していたので、

昨日早速新宿に呼び出して、ナノサイエンスと歯科遠隔医療について、お寿司を食べながらディスカッションしました。

f:id:hatehatepain:20170816074613j:image

咬合力を持続的に測るひずみ計みたいなものはおそらく作れるんだろうけど、咬合とか咀嚼についての知識が私に全くないものだから、近々大阪の専門医達(分科会のメンバー)を交えてミーティングを行います。

 

あとは、唾液をモニタリングするとか触診を定量化するとか。

 

口腔内に装着したマイクロチップが、持続的に唾液の成分を測定して、健康状態をモニタリング、異常があれば遠隔地にいる主治医のアプリが起動するとか。

そもそもデータをとるだけで医者がいる必要はないのか。

ビッグデータが診断してくれるか。

 

あと、

触診ができないってのが、遠隔医療の課題だけど、

そもそも触診が定量化されて、誰が触っても同じデータがとれて、同じ診断になるようにしないとダメで、

遠隔地とか関係なく、触った感触やデータを解析して誰でも診断できるように。患者さん自身が触っても診断できちゃうように。

 

なんて、

他にもたくさんアイデアが挙がって、やっぱり医療者だけで医療をする時代じゃないなと、

まだまだ楽しいことがたくさんあると実感した。

 

分科会のメンバーも3人追加でゲットして、今のところ7名です^ ^

どんどんやろー!

歯科遠隔医療分科会の活動と目的!!

昨日は横浜の実家から新宿の自宅に帰って、三鷹と成城の療養施設を往診して、

その後大阪に移動して、歯科遠隔医療分科会のビジネスミーティング。

東京に帰って来たのは23:30頃でした。日本は狭いですね。

f:id:hatehatepain:20170815080557j:image

 

まあまあの距離を移動したけど、距離に比例してアイデアが湧いてくることもなく、ツムツムしながら帰りました。

 

さて、

歯科遠隔医療分科会がやりたいことは、『歯科にも遠隔医療(診療)を広めたい』ってこと。

 

どうして広めたいのかというと、

実は、歯科遠隔医療を必要としている患者さんはたくさんいて、歯が痛いけどどうしようか、治療をした方がいいのかどうなのか。それすら分からず、

相談できる医療者もいないし、ただ不安を感じながら自宅療養している方がたくさんいるのです。

 

そもそも遠隔医療は、離島や僻地の患者さんのために、また、難病や障害があってなかなか一人で病院に行けない患者さんのためにあるものですが、

そういった患者さんは、病院にひとりで行けないのと同じように歯科医院にもひとりでは行けないのです。

 

私たちの活動は、歯科に遠隔医療が普及するために必要なデータを集めること。

データから得たエビデンスはブログや講演、論文などで発信していきます。

 

ちなみに、これは本意ではないのですが、

歯医者や歯科クリニックにとっての、遠隔診療を導入するメリットについても提案していきます(これもデータにします)。

 

遠隔診療使えるじゃん!売り上げ上がったよ!なんてことがあって、遠隔診療を導入する歯科医療機関が増えれば、

結果的に、本当に遠隔医療を必要としている患者さんが遠隔診療を利用できるシーンが増えて、日頃の不安がちょっとでも減るんじゃないだろうか。

f:id:hatehatepain:20170815081612j:image

少しずつ、こつこつ。

私たちも楽しみながらやっていきます^ ^

 

遠隔医療のミーティングを対面で!大阪に向かいます!

日本遠隔医療学会に歯科遠隔医療分科会の設立申請をしてすぐに、"遠隔医療をとことん考える会"の勉強会があって、

そこでお会いした学会理事の先生方から「どんどん積極的に活動してください!」と、

 

「学会のホームページに歯科分科会の案内が掲載されるのには時間がかかるだろうが、分科会としての活動はどんどん始めてください」と言われてから約三カ月経ったか。

 

この三カ月間で、毎日ブログを更新しているし(Googleで"遠隔 歯科"と検索すると一番上に出てくる)、

バルセロナや福井での講演、

JCONの集会を主宰。

また、横浜の精神科クリニックに『スマホで遠隔歯科相談』という無料相談窓口を開設して、徐々に利用されるシーンも増えてきた。

 

遠隔医療が口腔顔面痛治療にどんな影響を及ぼすか、どんないいことがあるか?という内容のシステマティックレビューの作業も順調に進んでいて、プロトコルはPROSPEROに投稿した。

 

来月は遠隔医療のセミナーに2件出席する予定で、さらに、遠隔医療学会が宇都宮で開催される。ここでも発表あり。

 

しっかり活動しているようにも見えるが、結局は個人で活動しているだけで、チームプレイが全然出来ていない。

 

ということで、とりあえず分科会のメンバーに会いに大阪に行こうと数時間前に思い立って、いま新幹線に乗っています。

f:id:hatehatepain:20170814144128j:image

遠隔医療のミーティングをするために遠隔地に向かっていますが、スカイプミーティングなんかより会った方がいいに決まってる。

 

野球を観に行くのもコンサートに行くのも挑戦なのです!!

最近は、積極的に外に出て、新しいことにチャレンジしたり、知らない人にもたくさん会おうと決めている。

 

以前から、休みの日は家でテレビをみながらスマホをいじり続けて、脳みそも腐らせ続けていたが、これじゃまずいと思い立って、

アイデアは移動距離に比例するだろ!と、

先日神宮球場に行ってきました。

f:id:hatehatepain:20170813084724j:image

野球の面白さはいまいちわからないけど、スタジアムに入る瞬間や、となりで一生懸命応援している少年に感動しながら花火をみて、

f:id:hatehatepain:20170813090754j:image

唐揚げを食べてビールを飲んで。

ドシャ降りの雨のなか、スワローズの小さな傘をさしてずぶ濡れで帰るという、なんとなく高校に戻ったような感覚は楽しかったです。

f:id:hatehatepain:20170813090820j:image

アイデアはなに1つ湧いてこなかったです。

 

今月はスピッツのコンサートに行ってきます。

コンサートも実はほぼ初めてで、研修医時代に先輩に誘われて行った元ちとせ以来。

 

遠隔医療の勉強会も、有名な先生方をおっかけて、9月に2回セミナーがあります。

 

最近父親になった私は、息子にいろんな経験をさせてやらなきゃと考えているのか、

自分も一緒に経験値を上げようとしているのか、

とりあえずフットワークが軽い今の私を、誰か何処かに連れ出してください。

 

緩和ケア講習会はやっぱり楽しい、後輩を誘わねば!!

緩和ケア講習会は無事に1日目が終了しました。明日もありますが、私の役目は終わったので横浜に帰ります。帰りますというか、妻の実家で息子に会ってきます^ ^

 

息子といっても赤ちゃんですので、息子感はまだありません。いや、ないとは言えないんだけど赤ちゃんすぎて人間味がありません。でもサイコーにかわいい^ ^

 

さて、

今日の研修会で講義をしてくれた緩和ケアチーの先生方は、皆さん優しくてやっぱり大好きです。

講義もワークショップの進め方やコメントも、とても勉強になりました。

同時に自分の勉強不足を痛感しました。

気を引き締めてこれからもしっかり研究します!

 

写真も撮っていただきました^ ^

f:id:hatehatepain:20170812215145j:image

ありがとうございました^ ^

 

次回は呼ばれてなくても勝手に参加して、後輩も連れて行こうかと思っています。

 

口腔ケアも大事ですが、口腔や顔面にはいろんな痛みがあって、うまくマネジメントができることを、多種職の方々にも伝えたいです^ ^