歯科遠隔医療オフィシャルブログ

歯科遠隔医療を考えるオフィシャルブログです。

当直中だが温泉旅館にいるかのようだ

ただいま当直中ですが、風呂に入ってきました。

11年間、主に口腔外科(ちょっと麻酔科、救命センター)で当直してきましたが、来月で退職です。当直業務はもう一生やらないかもしれません。

そんなことを考えていたらふと、そういえば当直中に風呂(シャワー)に入ったことなかったかも!と思い、幸い病棟も落ち着いているので挑戦してみました(いつ電話が鳴るかわからない当直中に風呂に入るという挑戦です。泡だらけで駆けつけなきゃいけなかったり!そんなわけないか)。

一応PHSは聞こえるように、風呂のドアを開けて。

ちょっと寒いし床はビチョビチョになってしまいましたが、電話はならないし結構快適でした。

で、当直室に帰ってきたらウニアロマのヒノキが香っているという、

まるで温泉旅館に泊まっているかのよう^ ^

f:id:hatehatepain:20180222203425j:image

これは本当に全国の病院に広めたいです。

当直中にこれほど癒されるとは、

スタッフルームや当直室でアロマを焚くだけなんで、やってみれば良さがわかるんですが、

どうやってやればいいのか、ディフューザーも精油も使ったことないからわかんない!って方は、fbかメッセンジャーかなんかでコメントください。サンプルおくりまーす!!^ ^

温泉旅館にいるかのよう!って大袈裟じゃないです。

とりあえず口腔外科の当直室に来てみたらいいよ^ ^

ウニアロマで後輩クリニックの香りデザイン

今日は各所でイベントが目白押しでしたが、いってる場合ではなくてウニアロマでコツコツお仕事です。

f:id:hatehatepain:20180221232239j:image

女子医大の後輩が院長を務めるファースト歯科!矢野口駅前クリニック!

 

来週月曜日に伺います!

しっかりめに香らせましょう!^ ^

ホロアイズ前にコーヒー

今日はこれからホロアイズに遊びにいきますが、ちょっと時間があるので後輩と一服しています。

f:id:hatehatepain:20180220185122j:image

本格コーヒー。

f:id:hatehatepain:20180220185145j:image

たまには休息も必要ですね。

といっても今日も遅くなりそうです。

まだまだ頑張らねば!

 

といってホロアイズさんのオフィスに到着!

f:id:hatehatepain:20180220194036j:image

f:id:hatehatepain:20180220194049j:image

これぞベンチャーって感じ!

f:id:hatehatepain:20180220194138j:image

研修医がVRで臓器を触っている!

 

そのまま撮影に参加!

f:id:hatehatepain:20180220221747j:image

後輩研修医がVR体験!

テレビデビューおめでとう!笑

緊急性があるかないかの判断を遠隔でやって、介護現場の負担を1つでも減らそう!

今日(毎週月曜日)は三鷹市の施設へ往診。お昼はお寿司!

f:id:hatehatepain:20180219172612j:image

写真では伝えられませんが、みなさん様子が違う!寿司に興奮してる感じ!

日本人の寿司に対する信頼と期待値がすごい!

 

この施設では歯科関連の緊急時とか往診前にラインのビデオ通話でやりとりしています。

顎が外れた、血が出てる、歯がとれちゃったとか、

緊急性があるかないかの判断は介護サイドで判断できないこともあって、一晩待ってもいいのか、すぐ病院に連れて行った方がいいのかわかんないときに、

私とビデオ通話を繋いで、これは大丈夫ですよと言ってあげる。大抵問題ないんですが、専門家からの「大丈夫」があるとないのでは不安やストレスがかなり違う。

常に過酷な業務を強いられている介護の現場のストレスが1つでもなくなるように、歯科オンライン診療ができることがあります。

どんどんやりましょう!

爽やかな朝が台無しだ!

これからグランフロント大阪で勉強会なんですが、開始まで1時間以上あるので近くのサンマルクカフェで朝活中です。

f:id:hatehatepain:20180218081417j:image

この間のデジハリで高丸社長にチョコクロもらったり、ライター朝活会場がサンマルクカフェだったり、

なにかと登場してくるサンマルクカフェですが、ここ分煙が全くなってない!

身体が臭くなってきた!

せっかく気持ちよく朝活しようと思ったのに、場所変えます!

遠隔×OFPシステマチックレビュー作成から大阪のスタートアップとミートアップ(意識高いタイトル)

遠隔診療×OFPシステマチックレビューのプロトコル論文がほぼ完成!(まだ完成してないのか!笑)。

プロトコル論文は完成してないですが、プロトコルはできてますので、作業は着々と進んでおります笑。

 

今日はこれから大阪に移動して、未来院長塾の代表でありさらに歯科業界にイノベーションを起こすスタートアップ(ノーブナイン)の社長とミーティング!

f:id:hatehatepain:20180217161337j:image

お互い駆け出しでめちゃくちゃビンボーなんで、大阪の安いコーヒーでも飲みながらノーブナインのビジョンやらなにやら、色々勉強させてもらいます!

 

ここ1週間以上妻と息子に会ってないです。

さみしい。彼らは今日から温泉だそうです。

私をほっておいてちゃんと楽しんでくれる家族に感謝して、私は事業を爆速で進めます!

いつもありがとう!

遠隔診療はオワコン?

診療報酬の改定をうけて、遠隔診療の適応拡大!とか言っているイかれたメディアは置いておいて、遠隔診療は実質終了となったわけですが私が言うことでもないんですが。

今のうちに見切りをつけて遠隔診療業界から身を引いた方がいいシステム屋さんやプロジェクトはたくさんあるんでしょうが、それも置いておいて。

 

そもそもなんで遠隔診療始めたかってことなんですが、もちろん流行りに乗っかってやってみた先生もいるんでしょうが、

遠隔診療を本当に必要としている患者さんが目の前にいたり、遠隔診療でしか解決できない状況に直面していたとか、

そんな感じで必要に迫られて始めたものなんで、別に遠隔診療をウリに集患しようとか儲けてやろうなんて考えてないし、というところで、

何が言いたいかというと、

症状や病態が落ち着いている患者さんを1ヶ月に1回対面診療6ヶ月間連続でやってから遠隔診療に移行するとかナンセンスなんで、もちろん遠隔診療はオワコンと、それはそうなんですが、一方で遠隔診療を必要としている患者さんは変わらず存在するんだよと。

 

医科の遠隔診療がオワコンというのは、いままで普通にできていたことまでできなくなるD to Pの話。

歯科の遠隔診療はそもそも誰もやってないけど、自費の遠隔診療(慢性疼痛のメンテナンスや矯正相談とか)はやっていいし、初診は引き続きやらない方針(遠隔初診はそもそも困難)です。

 

さて、2年後の改定までD to Pは実質終了ということで、それまで私は何をやるか。

診療と相談の話(医者がする相談は診療だよねってやつ)もしなきゃいけませんが、そのへんも関係ないD to DとかD to N to Pをガンガン進めなきゃいけない。

D to Pがオワコンで逆によかった。何に集中するべきかが明確になった感じです。

 

私はこれから訪問歯科でのD to DとD to N to Pに特化したe-learningを作りますので楽しみにしていてください。

できたら無料で配ります!